Pocket

傳法院のご朱印

ご本尊-不動明王様、八王子七福神-恵比寿天様、筆大師様のご朱印を、
ご参詣者のお参りの証として授けております。

また、写経の納経もお受けしております。窓口にお持ちください。
納経帳(御朱印帳)に、納経された証としてご朱印いたします。

ご朱印:各300円

八王子成田山傳法院お札お守り授与処バナー

御朱印の郵送頒布はこちら

 

 

 

 

傳法院の御朱印帳

傳法院オリジナルの御朱印帳を頒布しております。
ご参詣の際にお求めください。

透明カバー付き:1500円
カバーなし:1300円

左が表面、右が裏面です

八王子成田山傳法院お札お守り授与処バナー

御朱印帳の郵送頒布はこちら

写経について

写経をすることにより、心の安定感を得られたり、願い事をしたり、ご先祖様や水子さまのご供養になります。


写経のお手本などは、文房具屋さんや、本屋さんに売っていますので、そちらをご利用になるか、
お手元にお経があれば、それをお手本にして、半紙などに書き写しても良いです。
 
インターネット上にも、プリントアウトして利用できる写経のお手本がたくさんあります。
[写経 ダウンロード]と検索をすると見つかります。
 
 
写経に使う道具としては、半紙などに、筆や筆ペンを使って書く場合が多いですが、他の筆記具でもかまいません。
紙も、和紙にこだわらず、コピー用紙でもよいので、まずは書いてみると良いでしょう。
 
 
書き写すお経は、「般若心経」ほか、「十句観音経」「舎利礼文」など。好きなものを選んでかまいません。
 
 
長いお経の場合は、何日かに渡り、時間を区切って書いてもかまいません。


書き始める前に、手を洗って清めるか、塗香を使い、両手をこすり合わせてお清めなさるとよいでしょう。
 
 
最後に日付、名前、お願い事などを書きますが、決まりはありませんので、あまり堅苦しく考えなくて大丈夫です。
 
 
お願い事は「家内安全」「良縁成就」「病気平癒」「合格祈願」など、簡潔に書いても良いですし、「〇〇資格試験に合格しますように」など、文章で書いてもかまいません。

供養をなさりたい場合は、「○○家先祖代々霊位菩提供養」「戒名霊位供養」「水子霊位供養」等とお書きください。
 
 
書き終えたものは、お寺に納経するか、ご自分で焼却する、保管する、額装、軸装して飾る、などします。

傳法院では、直接お持ちいただくか、郵送にて納経を受け付けております。